お施主様インタビュー|TRETTIO|N様邸

2020年09月15日

20代のお施主様が、家族3人でお住まいになるお家です!

高気密・高断熱・高耐震を備えたスーパーウォール工法の規格住宅「TRETTIO」、黒とシルバーのガルバリウム鋼板でインパクトのあるスタイリッシュでシャープな外観が目を引きます。

住み始めてまだ5ヶ月と日は浅いですが、念願のマイホームでお子様とのびのびと暮らしを楽しんでおられる様子。

実際の住み心地や家づくりストーリーをお話していただきました!


叶えたいことをしっかり伝えて、思う存分趣味を満喫!

―マイホームで叶えたかったことは何ですか?

ご主人: 趣味のゲームを満喫できるスペースが欲しかったので、パソコン機器・ディスプレイの大きさに合わせたオーダーメイドのデスクスペースをつくりました。子どもを寝かしつけた後、思う存分オンラインゲームを楽しんでいます。

デスク

念願の自分スペースで趣味を満喫するご主人

奥様: 休日はお庭でBBQも楽しんでいます。庭に畑をつくって家庭菜園も楽しんでいます。家を建てたらとりあえず畑は欲しいよねって、畑スペースを確保しながら庭づくりと駐車場計画をしました。

 

―今ではおもにご主人がお世話をしているという畑にはミニトマト、オクラが育っていました。

インタビュー中にも大好きなミニトマトをパクパクほおばる娘ちゃん。親子で野菜をつくるっていいですね。

こだわりテイストで仕上げた奥様のお気に入りキッチンスペース!

キッチン

レンガ調の壁紙、木製棚に小物をかわいくディスプレイしたキッチン背面の壁は、奥様こだわりのお気に入りポイント。

奥様:

ネットで「おしゃれキッチン」と検索して、好みのイメージに合う画像を探しました。

とにかく壁紙は最後の最後まで悩みました。棚の金具はネットで探して購入し取り付けてもらいました。イメージ通りになってとっても満足です!

カウンターやキッチン横の壁にもディスプレイ棚をつくりました。

絵本や写真などを可愛く飾りたいです。

―キッチンスペースの使い心地はいかがですか?

カウンター

カウンター下のディスプレイ棚。将来は娘さんの作る作品や写真などを飾る予定。

奥様:

以前は壁付けのキッチンでしたが、対面式にしたのでリビングも見渡せて子どもの様子がわかり安心できます。

カウンターを少し高くし、リビング側からシンクや手元が見えにくいよう工夫しました。

収納もいい感じで使い勝手が良く、アパートの時に比べイライラしなくなりました

棚

―こだわりのキッチンスペースに仕上がり、とっても嬉しそうな奥様でした。


結婚前から願っていたマイホームの夢

「結婚する前から“家欲しいよね”と話していました」と奥様。結婚してすぐに自然と家づくりをスタートされたそうです。

おもにご主人が先頭に立ち、ネットなどで情報収集を開始し、いろいろな会社の完成見学会にも足を運ばれたご夫婦。

―たくさんの家を見る中で、一番重視していたことは何だったのでしょう?

ご主人:

結構いろいろと見て回りましたが、重視していたのは性能ですね。

「高気密高断熱」が良いと思っていたので性能面について調べました。

実際に見学会で建物の様子や数値も聞いて確認しました。

協友建設さんはスーパーウォール工法を採用していて、気密の数値が他社に比べて良かったですね。

ダイニング2

―家づくりを進める中で、夫婦の意見が合わないなんてことありましたか?

奥様:

結構お互いの意見が合ってビックリしました。「そうそうそう!」って二人とも考えが同じことも多くて。

 

―住居購入の意思や時期、自分たちが住まいに何を求めるのか、早い段階から夫婦で話し合って明確にしておくことは家づくりをスムーズに進められるポイントの一つですね。


アパート時代と比べて電気代がだいぶ安くなっている!

―ご主人が最も重視した性能、室内の過ごしやすさの違い、光熱費についてお聞きしました。

階段

ご主人:

4月から住み始めたので寒さはまだ体感してないですが、不快な暑さは感じません

エアコン1台をつけてサーキュレーターで空気をまわして快適に過ごしています。

湿度や温度の数値をみてエアコン調整をし、快適な空調を管理しています。

アパートの時もオール電化でしたが、この家は太陽光もつけたので一軒家の大きさで今の電気代なら、だいぶ安くすんでいると思います。

奥様:

アパートは凄く寒かった印象が強いです。

結露もあり、カビ臭さも感じていました。引き出しの服や、押入れの毛布にカビが生えて大変でした。

今は、室内の階段スペースに洗濯物を干していますが、すぐに乾き結露やカビは気になりません

床は無垢の木の床で、風合いが気に入ったオーク材を選びました。本物の木はさらさらで気持ち良いです。建材のフローリングはペタペタしていたので心地良さが全く違いますね。

ご主人:

それと室内にいて外の音が気にならずとても静かです。

両親や友人が遊びに来ると「静かだね~」と驚かれます。車の音はもちろん、近所に鶏がいますが朝鳴いている声も聞こえません。

―騒音や不快なニオイやカビを気にすることなく快適に過ごせて、健康を害されることがないことはもちろん、洗濯やクリーニングの負担やストレスもかなり軽減されたのではないでしょうか。

さらに高性能省エネ住宅で、電気代までお得になるなんて良いこと尽くしですね!


 協友建設を知ったきっかけ・決めた理由は?

ご主人:

知人から“協友建設さんが良い”と評判を聞いて興味を持ちました

他にもいろいろな住宅メーカーの見学会に行き話を聞いたので、どこに決めようかとても悩みました。

最終的には性能面で一番納得できて、価格面でも無理なく安心できる提案だったのでこちらにお願いしました。

奥様:

一番は人が良かったところです。

電話もせずにいきなり行って、はじめて会ったのに相談しやすくて、「こんなことできますか?」って聞きやすかったです。

ご主人:

そうだね、それはあるね。堅苦しくなかったのが良かったです。

奥様:

阿川さんの設計センスが良くて、私の好きなイメージも共感してもらえて安心しました。「どっちがいいと思います?」と悩んだ時は気軽に聞けました。

娘も阿川さんが大好きで、すっかりなついています。

阿川さんに自然と抱っこをせがむほど愛が凄いです。協友さんに決めて良かったです。

 

―住まいの相談から土地探し、途中で奥様の出産もあり完成まで約1年ちょっとのお付き合い。

家づくりはスタートから完成しお引き渡しまで、様々な打ち合わせを重ねます。

お客様が気軽に本音で想いを相談できる信頼関係を築けること、満足できる家づくりの成功のカギだと思っています。

 

ご夫婦に喜んでいただき、快適に過ごされている様子がわかり安心しました。温かいお言葉もいただいて大変光栄です。これからもご家族皆様が、お家の中でもお庭でも、思う存分暮らしを楽しみながら健やかな日々を過ごして頂きたいと願っております。

インタビューにご協力いただきましてありがとうございました。

家づくりのご相談|いつでも気軽にご相談ください! ◆資料請求のお申込みはこちらから

 

 

 

 

 

このページの内容についてのお問い合わせは
会社名有限会社 協友建設
電話番号0853-72-8050
FAX番号0853-72-9590
住所〒699-0615 島根県出雲市斐川町併川1348-4