シンプルノート『家づくりの常識を覆す!?シンプルノートの謎に迫る!』

2020年04月29日

子育て真っ最中のレポーターが住宅会社にお邪魔して、家づくりのあれこれやHPだけではわからないリアルな疑問を直接きいちゃう突撃レポート。
今回は、出雲市にあるシンプルノートモデルハウスへお邪魔しました。島根で唯一の「シンプルノート」加盟店である久文建設株式会社の久文社長にお話を伺いました。おしゃれなデザインだけにこだわったデザイナーズ住宅?どうやらそんな単純なものではなさそうです。常識にとらわれず「家づくりの間違った当たり前」を覆すシンプルノートの謎に迫りました。

1

今回ご案内いただいたモデルハウス。すっきりとシャープな外観が印象的でした。建物のコンセプトや特長について教えていただきました。

SIMPLE is not simpleとは?

PIECEくん シンプルノートとはどんな家なのでしょうか?
まずコンセプトを教えてください。
久文社長

シンプルノートとは、建築家・平尾卓氏が手掛けるLess is design Inc.が「家づくりの視点を変え無駄をそぎ落とし本質的な価値を見出す」という考えのもと設計を提供する、これまでにない新しい形のデザイナーズ住宅ブランドです。

彼が言う“SIMPLE is not simple・シンプルイズノットシンプル”という言葉にはとても深い意味が込められています。
単純に「シンプル=簡素なもの」という意味ではなく実はそう見える背景には、とても複雑で緻密な計算が重ねられているのです。
「シンプル=本当に必要なものだけを見極めた合理的なもの」すなわち暮らしやすい合理的な住まいを突き詰めた結果、無駄のないシンプルなデザインが生まれたということです。

さらに無駄のない設計は、コスト面の負担を減らすことにも繋がっています。

PIECEくん

一般的におしゃれでカッコイイ設計の家はデザインを重視するあまり、実際住むには使い勝手が悪そうだったり、住む人が家に合わせるイメージがあります。
もちろんそうでない家もあるとは思いますが、デザインの良さも住みやすさも兼ね備えた家というのはとても魅力的ですね。

このブランドを取り入れた経緯を教えてください。

久文社長

私たちはお客様の最善を第一に考え、生涯安心して暮らせるための家づくりをご提案しています。
お客様の数十年先を考えた時、どんな住まいが必要か? 従来の感覚にとらわれない自由な視点で “家づくりとはどうあるべきか”、シンプルノートが突き詰めた合理的で無駄のない設計コンセプトに共感しました。

この考え、実は我が社が住宅革命とも称する“一貫した施工でコストパフォーマンスが高く、持続可能な家づくりの在り方”を求める思想と見事にマッチしています。
自然素材が標準仕様という点もすでにクリアしていました。

このブランドを加えることで選択肢の幅が広がり、今後ますますお客様に喜んでいただけると期待しています。


現在シンプルノートのコンセプトに共鳴した加盟店が全国に130スタジオ点在しているが、島根県でこの家づくりを提供できるのは唯一久文建設だけ。
スタートして1年半の間に続々と実績棟数が増え続けており、このブランドの魅力の高さを物語っている。

4

南側なのに壁!ありえないほど窓が少ないのはナゼ!?

2

モデルハウスの南側。ほぼ壁で、小さな窓が一つあるが、、。

実際にモデルハウスを見学しながら、光の取り入れ方・プライバシーと防犯を考えた常識破りな設計のポイントについて解説していただきました。


PIECEくん まずモデルハウスの外観に驚きました。
南側ほぼ壁ですが、小さな窓一つですか?
久文社長

従来の感覚では見晴らしや日当たりが良い南側に、できるだけ大きな窓を設けると考えがちですよね。
この当たり前の考えにメスを入れます。南側が道路に面している場合、人の視線が気になるはずです。
そのためにカーテンを閉めっぱなしの生活になるのであれば、直接道路に面する大きな窓は必要ないのでは?と考えます。
風と光を取り入れることは重要ですが、強すぎる日差しや熱は避けたい、なおかつ人の視線が気にならないように・・・
これらを解決する答えは、頭の高さよりも上に窓を配置するというものです。

PIECEくん ただ、室内側から閉塞感を感じないのでしょうか?
久文社長

もちろん部屋の用途により、光の取り入れ方と同時に閉塞感を感じない工夫をしています。
南面以外からも光は取り込めるので家全体で考えることが大切です。
外からは想像できないですがリビングに入るとその秘密がわかりますよ。

PIECEくん

中に入ると明るくて、とても広く開放的に感じました。リビングに繋がってウッドデッキがありますね!

久文社長

リビングとウッドデッキの中庭が繋がることで広さを感じます。寝室や浴室に面して光を入れる役割もしています。
高い壁で囲われているので、周囲の人目を気にせずBBQをしたり、ビニールプールも安心して遊ばせることができます。
泥棒は外から間取りがわからない家は狙いません!防犯性能も備え多用途に使える中庭です。

PIECEくん

子どもが小さいと目を離せないですが、兄弟の世話が重なると目が行き届かない時もあります。

勝手に外に出る心配や侵入者の心配もせずに遊ばせることができるのはとても安心です。光も十分リビングまで届きますね。

久文社長

憧れていたウッドデッキをリビングのある南の庭につくることが多いと思いますが、残念ながら実際は人目が気になってあまり使わないなんて声もよく聞きます。
従来の考えにとらわれず、暮らしに必要な要素をどんな手段で叶えるか? を視点を変えることが大切なのです。

5

南側の壁の内側には中庭スペース。リビングと寝室に面した中庭が明るい光を室内に取り込んでいました。

家づくりの無駄をなくせば、余計な消費やイライラも減る!

“なんでも多いに越したことはない”と過剰な要望を考えてしまいがち。
部屋数・収納?自由に遊べる広い庭?合理的な間取りつくるというなかで無駄なものとは何なのか、またそれがもたらすメリットについて伺いました。


久文社長

基本的な考えは、必要以上に余計なものはつくらないということです。
平屋は階段がいりません。同じ30坪の家でも2階建ての家と比べると階段が無いだけで2坪分の差があり、部屋数は同じでも28坪でおさまることになります。この違いは大きいです。

また、このモデルハウスには廊下という概念がありません。LDKとウッドデッキで各部屋が繋がっているので生活動線がシンプルになります。
無駄な床面積を減らしコストカットしてもいいし、その分費用をリビングや収納の面積を広げることに使ってもいいでしょう。

また必要以上に広すぎる庭は、せっかくの休日が落ち葉拾いや草取りに潰れ負担となる場合もあります。
こちらではウッドデッキが庭の役割を十分果たしているので、あえて外に庭は作らず駐車場を優先させました。

PIECEくん

なるほど、たしかに平屋の人気が高まっていますが、そういったメリットもあるのですね。

庭に関しては実際草取りに追われる経験者なので、よくわかります。自分たちが手入れ可能な範囲で庭づくりを楽しめるといいですね。

久文社長

そして収納ですが、考えなしにとりあえず押入れを・・・とつくってはいけません。
用途と使う頻度を考えて物の住所を決めて収納を考えましょう。

はじめは丁寧に使っていても、だんだん奥のものが取り出せなくなると、ただの無駄なデッドスペース!大掃除の時に同じものが何個も出てくるなんてことも。
例えば、パントリーのように奥行きが浅くどこに何が収納してあるか一目でわかる工夫が必要です。
ストックの量もわかるので必要以上に無駄な買い物をしなくなります。

PIECEくん

わたしのことかと思いました。収納場所を忘れて探し回ったり、使った後ついキッチンカウンターや手近な棚に置きっぱなしなんてことも多々あります。

そのくせ子どもには厳しく「ちゃんと元の場所に戻しなさい」とガミガミ注意してしまいます。

久文社長

子どもは親の姿をよく見ているからね、自分もできないことを押し付けるのは良くないです。
片付かないことを子どものせいにせず、必要な場所に必要なだけ収納をつくる。
まだ幼い子ども達を口うるさくしつけるのではなく、家族全体で収納を管理できる工夫をするべきです。

PIECEくん

大変勉強になりました。収納の工夫ひとつで子育てのイライラ要素まで無駄が減るのですね!これから間取りを考える方にはとても参考になりますね。

久文社長

ただこの設計を良いとこ取りして、素人が見よう見まねでやっても上手くいきません。
これは問題解決の経験を重ね、熟練した設計の専門家だからできるのです。
実際にシンプルノートに住んで1年以上経つお施主様から“住みやすさを実感している”とプロに任せた設計に、大変喜んでいただいています。
一見、非常にシンプルな間取りに見えますが、これが“SIMPLE is not simple・シンプルイズノットシンプル”ということなんですよ。

3

ズバリ!こんな憧れのデザイナーズ住宅いくらで手に入る?

ここまでシンプルノートのコンセプトや魅力を具体的に聞かせていただきましたが、さらにみなさんが知りたいのは実際に建てたらどうなるか、いくらで建てられるの?という話ではないでしょうか。


PIECEくん

自分たちがもしもシンプルノートを建てるなら?と夢を描かれた方も多いと思います。
実際に知りたい場合どうしたら良いですか?

久文社長

ご相談いただければいつでもライフプランシミュレーションいたします。
無理のない家づくりのアドバイスや、アパート住まいと一戸建て・マンション購入それぞれメリットデメリットの比較や子どもが大学に行くまでの教育費まで試算いたします。
資金計画というのは、とても大切で“家を建てられたらそれでいい”ではダメです。
これからの暮らしをきちんとイメージし「家づくりに使っていい資金」を把握することが重要です。

現在、4/21~5/31まで先着5棟限定のシンプルノートお試しキャンペーンを実施しております。
土地の候補地選びから設計・お見積り・住宅購入後の家計試算まで無料でご提案させていただきます。
お申込みからご成約の場合にはさらにお客様に喜んでいただける特典をご用意しております。詳しくは下記をご覧ください。

お試しですので、まずは知っていただくだけで構いません。契約を迫るということは致しませんのでご安心ください。セカンドオピニオンくらいに思っていただいて結構ですよ。

PIECEくん 久文社長、ありがとうございました。

家づくりの常識・間違った当たり前を覆すシンプルノート、おしゃれで住みやすいデザイナーズ住宅を皆さんぜひご自身の目で確かめてくださいね。

シンプルノートモデルハウスは出雲スタジオ・松江スタジオで見学が可能です。自社ブランドのモデルハウスも合わせて各種見学もできます。(※事前にご予約ください)
ここだけでは語り尽くせない性能や魅力、太陽光パネルを採用した家づくりについてもお得な話が聞けますよ。
ぜひご興味のある方は気軽にお問合せください。

キャンペーンについてお知らせ(4/21~5/31)

シンプルノートでは4/21→5/31まで「実際に建てたらどうなるの?お試しキャンペーン」を開催中です。

キャンペーン1

キャンペーン2

 

 

集合写真
キュービックホーム
〒699-0615 島根県出雲市斐川町併川1671-2
TEL:0853-27-9281
営業時間:9:00~18:00
休業日:火曜日・水曜日

テトキクロス◇レポータープロフィール◇
みんなの広報|テトキクロス(HP

30代子育て真っ最中の二児の母です。(中2・小2)
6年前に自宅を新築、家づくりを経験しました。
普段はなかなか聞けないリアルなことを素直に聞きたいままに「今知りたい実際のとこ」をお伝えできるような取材を心がけています。